高谷知佐子氏の経歴と国際的一面を持つ弁護士活動

高谷知佐子氏は1969年生まれで、1993年に東京大学の法学部を卒業しました。その後司法試験に合格した後、1995年に弁護士登録を行い司法活動を開始します。そしてアメリカへ渡り留学生活を送り、1999年にはアメリカ・コーネル大学の法学部大学院を卒業し、ニューヨーク州において弁護士登録を行うなど国際的にも司法活動を行い、いわゆる「国際弁護士」としての活動も開始します。
1999年〜2000年までの期間中に、シンガポールにおいて「Arthur Loke Bernard Rada and Lee法律事務所」で執務し、2000年にはインドの「Kochhar&Co.法律事務所」でも執務するなど、アジア地域を中心に世界各国で活動を行います。
2001年以後は、「森綜合法律事務所(現 森・濱田松本法律事務所)」に所属し、現在まで様々な案件を通じて弁護士としての活動を行っている弁護士です。
その他にも高谷知佐子氏が執筆した主な著書に、『現代アメリカ契約法』(共著・弘文堂)や『アジア新興国のM&A』(共著・商事法務)・『労働法・契約法・高年法平成24年改正Q&A』(共著・商事法務)など数々の著書があります。
また、高谷知佐子氏が弁護士になったきっかけをご紹介します。同氏は、東京大学在学中に進路を決めようとしていた際はバブルが崩壊した直後であり、時代的にも先行きがとても不透明な雰囲気が漂っていた時期であり、当初は公務員になろうかと迷っておられたそうです。そして国家一種試験も実際に受験するなど、当初は違う道を考えていました。しかし、就職活動中に官庁を訪問するなど、実際の官庁の雰囲気を肌で感じてみると、当時の官庁の女性に対する門戸はまだまだ狭く、女性でも大きな活躍を遂げることが可能な司法分野の活動へと舵を切ったそうです。

高谷知佐子氏が司法試験に合格し、司法修習生として様々な修習を受けていた際に、検察修習の担当検事の影響もあって検事になりたいと考えておられたそうですが、迷った末に将来的な仕事の広がりという観点からも考え、弁護士としての活動を選択したそうです。
実際に弁護士になった後は様々な案件の仕事を行っており、訴訟においては相続や交通事故・特許権侵害・労働紛争などの分野に及び、代表的なものには「かつらの製作代金請求」などがあります。
また会社法務に関する分野も担当し、契約書の作成などを中心とする「ジェネラルコーポレート業務」も経験するなど、多様なジャンルを経験したそうです。
特に「ジェネラルコーポレート業務」を経験した当時は、日本企業によるアジア地域への投資が活発な時期に当たり、中国やインドネシアなどな東南アジアへの進出案件を担当しておられたようです。
その後実務経験を3年半程度経験し、コーネル大学ロースクールに留学した後に、シンガポールとインドの法律事務所で、約1年半に渡る期間を研修生として勤務しました。シンガポールでは中規模のオフィスで、現地の日系企業のリーガルサポートを主に行っていました。その他にも現地の日本領事館の要請でシンガポールの法律を、現地に進出中の日系企業の駐在員達に紹介するレポートを作成したりしていたそうです。
インドにおいても現地法律事務所で日系企業のサポートの他、トラブルに巻き込まれた日系企業の支援を主に行っていたそうです。その当時のシンガポールには、日本人の弁護士が高谷知佐子氏を含めた3人しかおらず、インドでは高谷知佐子氏のみという状況であり、現地の日系企業の活動や日本人社会の生活において大きな手助けとなったようです。

高谷知佐子氏は現在、日本有数の規模を誇る弁護士事務所である「森綜合法律事務所(現 森・濱田松本法律事務所)」に勤務後も、日本国内において外資系企業のサポートを行うなど、現在においても国際的な業務に携わる案件を担当しています。特に国内で活動する外資系企業の、人事労務問題に対応することが多いそうです。
英語を自由自在に駆使できる高谷知佐子氏は、外資系企業を法的にサポートする際にも、日本と海外との法制度や文化の違いや特色を説明することが可能なようであり、アメリカへの留学経験やシンガポール・インドでの勤務経験を活かすことができる国際派の弁護士であり、同氏の最大の強みでもあります。
その他にも、M&A関連の案件や労働法関係の業務を中心に活動を行っており、企業における人事制度の構築や検討・各種規程の作成・労働組合対応・リストラクチャリング・日々の人事労務問題への対処など、労務分野を中心に幅広く対応をしていることが特徴の弁護士でもあります。
また現在では、日本からアジア各地へ進出する日本企業のサポートも積極的に行っており、主には現在アジアの主要国として大きな成長を遂げるインドへの進出案件を多く担当しているそうです。そして今後は、インドの周辺地域に位置するパキスタン・バングラディシュ・スリランカなどの南アジア全般もカバーしていく意気込みを持っておられるそうです。
高谷知佐子氏は今後も日本国内よりアジア地域を中心に、国際的に広い活動を展開する弁護士だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ふとした時に疲れや違和感があり、マッサージなどに行きたいと思うことがありますよね。しかし、営業時間や…
  2. ヘアサロンに求めるものとして、人それぞれ違ったものがあることでしょう。技術やサービスのクオリティーが…
  3. 下関 美容室美容室varieは、男性がひとりで施術している下関 美容室です。男性でも入りやすいアット…

アーカイブ

ページ上部へ戻る